お知らせ

日本農業新聞 JA大北の話題

今年も好評りんごの湯 児童らも香り楽しむ

JA大北は大町市常盤の市三世代交流施設「ふれあいプラザ」で10月4日から7日の4日間、同施設内にある入浴場で期間限定の湯「りんごの湯」を開いた。 地元の特産品の...

続きを見る

酒米大豊作 みんなで稲刈り 日本酒造りプロジェクト第3弾

長野県白馬村の八方尾根観光協会は10月5日、村の新しい特産品開発に向けて、地元産の酒造好適米を原料とする「日本酒造りプロジェクト」の3年目の稲刈りイベントを同村...

続きを見る

リンゴと一緒にゆったり 今年も始まる「りんごの湯」

JA大北は大町市常盤の市三世代交流施設「ふれあいプラザ」で10月4日から7日の4日間、同施設内にある入浴場で期間限定の湯「りんごの湯」を開く。 地元の特産品のり...

続きを見る

中生種選果始まる 出荷前に基準確認

JA大北と同JAりんご生産部会は9月27日、リンゴの中生種目揃え会を大町市平の同JAりんご選果場で開いた。大町市や松川村などの生産者約30人が参加。JA中部営農...

続きを見る

学童の野球大会、5チームが熱戦

JA大北は9月上旬、第4回JA大北杯争奪学童軟式野球大会を池田町農村広場で開いた。大会は2016年の同JA創立50周年を記念して始め、4回目。今年はJA管内の5...

続きを見る

天候不順克服し1等

JA大北は12日、大町市のJA南部低温倉庫で、2019年産米の初検査を行った。5人の農産物検査員が管内南部地域の農家から出荷された酒造好適米の「信交酒545号(...

続きを見る

生鮮品や見守り隊、山間地に笑顔提供

JA大北はこのほど、小谷村と大町市八坂地区で運行している「移動購買車」を更新し、小谷村と大町市で出発式を開いた。移動購買車は、軽トラックを改造したもので、肉、野...

続きを見る

油断大敵-特徴理解して

JA大北とJA農業機械銀行受託者部会は9月上旬、コンバインなど農業用機械の安全講習会を池田町の水田で開いた。大町市や池田町、松川村の生産者ら約40人が参加し、作...

続きを見る

適期収獲を-サンつがる

JA大北とJAりんご生産部会は8月下旬、大町市のJAりんご選果場で、早生のサンつがるの目ぞろえ会を開いた。同市、松川村、池田町などの生産者と市場関係者ら約30人...

続きを見る

ミニトマト出番

白馬村のJA大北北部育苗センターで、水稲育苗ハウスを活用したミニトマトの収獲、出荷が本格化している。農家が施設を借りて栽培、主に中京方面へ出荷し、女性を中心にブ...

続きを見る