お知らせ

日本農業新聞 JA大北の話題

りんごオーナー、盛大に開園式

JA大北は7月下旬、2018年度りんごの木オーナー開園式をJA本所会館で開いた。台風の影響で来られないオーナーもいたが、全国各地から180人の家族らが参加した。...

続きを見る

トウモロコシ収穫、楽しい交流の場に

池田町会染内鎌地区の農家有志でつくる内鎌十日会は7月下旬、「内鎌もろこし収穫祭」を同町の畑で開いた。消費者がトウモロコシのもぎ取りを体験できる催しで、収穫の喜び...

続きを見る

シードルを限定発売

長野県JA大北は、管内産のリンゴを使ったシードルを発売した。リンゴワインに続くリンゴのアルコール飲料で、農業所得の増大を目的に企画。管内産の「シナノスイート」と...

続きを見る

暑さで出来最高

池田町の特産品「内鎌かんぴょう」の生産が、7月中旬から始まっている。同町会染内鎌地区の農家有志でつくる「内鎌のかんぴょうを守る会」が手作りする。会員は、作業場で...

続きを見る

幅広い世代が交流

JA大北女性部おたり支部と中土支部は7月上旬、小谷村の小谷小学校体育館で合同ミニバレーボール大会を開いた。今年30回目で、節目の大会となった。各地区・支部など1...

続きを見る

タマネギ圃場開放、家族ら収穫楽しむ

池田町の農事組合法人「グリーンファームいけだ」とJA大北会染支所は6月下旬、支所近くの圃場(ほじょう)を一般開放し、タマネギの収穫体験を行った。今年で6年目。家...

続きを見る

酢の講習会で、野菜おいしく

JA大北女性部ときわ支部は6月上旬、大町市のJA農産物直売所「ええっこの里」で「エーコープの酢」講習会を開いた。支部では初めての活動。 午前、午後の2回開き、5...

続きを見る

認定100品目達成

北アルプス山麓農畜産物ブランド運営委員会は6月上旬、北アルプス山麓ブランドの認定品数が100品目に達したことを受けて、大町市のJA大北本所会館で記念式典を開いた...

続きを見る

児童たちが田植え、おやつに郷土料理

JA大北女性部美麻支部は6月上旬、大町市立美麻小中学校の田植えに協力し、田植えの仕方や郷土料理について教えた。同校の5年生11人が参加。3アールの棚田に、もち米...

続きを見る

畦畔グリーン苗張り付け、草刈りなど作業省力

JA大北と種苗会社の雪印種苗、小谷村などは、今年9月に開かれる全国棚田(千枚田)サミットin小谷村に合わせ、同村内の圃場(ほじょう)で芝の一種「畦畔(けいはん)...

続きを見る