お知らせ

日本農業新聞 JA大北の話題

直売所 出荷増めざす

JA大北は2月上旬、JA農産物直売所「ええっこの里」直売所会員集会を、大町市の本所会館で開いた。同直売所会員26人が出席。2018年の農産物売り上げ実績や状況、...

続きを見る

安心して暮らせる地域へ

JA大北が大町市から業務を受託して運営する大町市南部地域包括支援センターは2月上旬、3回目の常盤・社地区協議体準備会を同市三世代交流施設「大町市ふれあいプラザ」...

続きを見る

適切な着果へ、剪定基礎から

県北アルプス農業改良普及センターとJA大北は2月上旬、松川村と大町市のリンゴ園地で、JAの主力品種である「ふじ」と県オリジナル品種「シナノスイート」「秋映」「シ...

続きを見る

伝統食「凍り餅」作りピーク

大町市の農産物直売所「かたくり」では、冬の寒さを生かした伝統食品「凍り餅」作りがピークを迎えている。 凍り餅は、同直売所凍り餅部会の会員が地元で契約栽培するもち...

続きを見る

「雪中キャベツ」出荷が本格化

小谷村で、特産のブランド野菜「雪中キャベツ」の出荷が本格化している。今シーズンは同村伊折地区や中土地区、北小谷地区など個人や生産組合など9生産者が栽培し、約51...

続きを見る

銘柄化で地域盛り上げ

長野県のJA大北管内で有数のリンゴ産地の松川村。若手リンゴ農家のグループ「あっぷるぼういず」は、村産リンゴのブランド化と認知度向上に取り組む。大手スーパーと取引...

続きを見る

直売所の魅力アップ

長野県のJA大北は15日、大町市のJA直売所「ええっこの里」敷地内に、電気自動車向け急速充電施設をオープンする。敷地内には直売所やJA子会社が運営するコンビニエ...

続きを見る

新年の決意新た-JA大北

JA大北は7日、大町市の本所会館で仕事始めの式を開いた。本所の役職員約60人が出席した。組合長をはじめ、常勤役員のあいさつとだるまの入瞳を行った。 あいさつで、...

続きを見る

正月準備 盛ん-しめ飾り講習、伝統の技学ぶ

JA大北は大町市の市三世代交流施設「ふれあいプラザ」で12月中旬、しめ飾りを作る講習会を開いた。同市常盤地区を中心にわら細工の伝承を目的に活動する須沼つぐら部会...

続きを見る

営農指導に生かそう、管内産米食味を評価

大町市農業技術者連絡協議会は12月上旬、同市で米の食味官能試験を行った。毎年1回開き、今年で8年目。JA大北営農指導員や市営農支援センター、県北アルプス農業改良...

続きを見る