お知らせ

日本農業新聞 JA大北の話題

白ネギ出荷始まる 昨年よりも面積増

JA大北は9月14日、白ネギの個選出荷目揃え会を松川村の同JA野菜集出荷場で開いた。白ネギは同JAの園芸推進品目でもあり、近年推進に努めている。栽培支援施策として新規栽培者への苗代の...

続きを見る

適期収穫呼びかけ 2022年産米初検査全量一等評価

JA大北は9月15日、地域の特産物であり、9月上旬より収穫を迎えている2022年産米の初検査を、大町市の同JA南部低温倉庫で行った。生育面では収穫前の天候不順による生育遅れ等などもあ...

続きを見る

伝統のかんぴょう生産はじまる 内鎌のかんぴょうを守る会

池田町の特産品である「内鎌かんぴょう」の生産が7月下旬から始まり、現在最盛を迎えている。かんぴょうは同町会染内鎌地区の農家有志で作る「内鎌のかんぴょうを守る会」が手作りしている。同地...

続きを見る

良質な出来栄えに タマネギ共選作業本格化

JA大北管内では園芸振興の一環として栽培をすすめている加工用タマネギが収穫を迎えており、大町市の同JA南部営農センター中部センターにて出荷前の共選作業が6月下旬から始まっており、作業...

続きを見る

ミニトマトの管理作業体験 新採用職員向けに農業実地研修を開催

JA大北は7月1日、今年度入組した新規採用職員の農業実地研修を白馬村の同JA育苗センターで開いた。研修には職員2人が参加し、農作業を体験した。新規採用職員に対する農業実習は、JA職員...

続きを見る

リンゴやレタスなどに甚大な被害 大北地域で降雹発生

JA大北管内で5月25日、雷を伴う激しい雨や雹が降り、一部地域で農作物への被害が発生した。大北地域では25日の16時頃、雷や風を伴う激しい雨や雹が降り始め、地域によっては30分近く雹...

続きを見る

役職員一丸となり持続可能な事業体制の確立へ 第57回通常総代会開催

JA大北は5月26日、大町市の同市文化会館で第57回通常総代会を開催した。今年も昨年に引き続き新型コロナウイルス感染拡大防止のため、消毒・検温などの対策の徹底、3密を避けての開催とし...

続きを見る

自転車事故の危険性を理解 自転車交通安全教室を開催

JA共済連長野とJA大北は5月12日、大町市の大町岳陽高等学校でスタントマンによる自転車交通安全教室を開催した。実際の事故事例を再現し、目の当たりにすることで、自転車交通事故の危険性...

続きを見る

苗市にぎわう

JA大北は5月10日から15日にかけて、同JA各営農センターで各種野菜苗の販売を行う苗市を開き、多くの地元住民らが訪れた。苗市は毎年各営農センターで夏野菜などの定植作業を前に毎年開い...

続きを見る

田植え作業最盛期へ

大北地域管内では、4月下旬から同地域の南部地域を皮切りに、2022年産米の田植え作業が始まり、作業が本格化している。管内南部地域に位置する池田町で水稲栽培を行う薄井宝永さんは4月30...

続きを見る