お知らせ

日本農業新聞 JA大北の話題

女性部長に平瀬久美子氏

JA大北女性部は3月10日、第53回通常総会を大町市のJA本所会館で開いた。総会には女性部全10支部より26人が出席。今回は新型コロナウイルス感染拡大防止という...

続きを見る

水稲種もみ配布はじまる 春の農繁期シーズンに突入

JA大北管内の各営農センターにて、令和2年産米の生産準備を目前に水稲種もみの配布を行っている。このうち大町市常盤の同JA南部営農センターでは3月7日、8日に大町...

続きを見る

気象変動に対応したリンゴ栽培に向けて

大北園芸振興協議会とJA大北、同JAりんご生産部会は2月14日、2019年度大北りんご生産振興大会を大町市内で開いた。同市や松川村などの生産農家、同JA営農指導...

続きを見る

子育て世代の輪を広げるための一歩

JA大北女性部は2月8日、親子フラワーアレンジメント体験を大町市の南部営農センターで開いた。 体験会には同市内の親子14人が参加。この日は同市のJAファーム大北...

続きを見る

暖冬での影響懸念も

県北アルプス農業改良普及センターとJA大北は2月4日、同JA主力品種である「ふじ」と県のオリジナル品種「シナノゴールド」「シナノスイート」「秋映」などの剪定講習...

続きを見る

女性部員が小学生児童とやしょうまつくる

JA大北女性部社支部の「やしょうまの会」(原和美会長)は1月30日、大町市の大町東小学校3年生児童と一緒に地元郷土食「やしょうま」を作った。 やしょうまは、長野...

続きを見る

お米でつながる輪 校外学習受け入れ学校よりお礼の手紙届く

JA大北観光課が行っている誘客事業の関係で、昨年5月に校外学習の受け入れを行った、東京都立三鷹中等教育学校からお礼の手紙が届いた。お礼の手紙は、同課が昨年11月...

続きを見る

更なる園芸作物の振興に向けて

大北園芸振興協議会は1月17日、北アルプス地域野菜生産振興大会を大町市のJA本所会館で開いた。会には大北地域管内の農家や北アルプス地域振興局、JA職員、その他関...

続きを見る

雪不足のり越え、良質品出荷へ

長野県小谷村で、同村のブランド野菜として注目を浴びている「雪中キャベツ」。出荷を目前に、目揃い会が1月8日、同村中土地区ほ場で開かれた。現在、同村内10生産者が...

続きを見る

伝統食「凍り餅」づくりはじまる 介護食や離乳食にも

大町市常盤須沼の農産物直売所「かたくり」で、冬の寒さを活かした伝統食品「凍り餅」づくりが1月9日から始まっている。今年は約4000連(1連10個)をつくる。  ...

続きを見る