お知らせ

日本農業新聞 JA大北の話題

農業の大切さ学ぶ 新規採用職員が農作業を体験

JA大北は7月1日、今年度入組した新採用職員の農業実地研修を白馬村の同JA育苗センターで開いた。研修には職員5人が参加し、農作業を体験した。 新規採用職員に対す...

続きを見る

加工用タマネギ共選出荷作業始まる 出来栄え良好

JA大北管内では園芸振興の一環として栽培をすすめている加工用タマネギ収穫が迎えており、大町市の同JA中部営農センターでは出荷前の共選作業が7月1日より始まってい...

続きを見る

職員育てた花苗を来店客に配布 店舗の利用度向上にむけて

池田町のJA大北会染支所と池田支所は6月15日より、貯金や振込などで支所に訪れた組合員や来店客らに、支所職員が育苗したマリーゴールドの苗を無料配布した。 今回配...

続きを見る

店内にはJA生産者直売コーナーも設置

株式会社長野県Aコープは6月11日、大町市常盤のカインズホーム大町ショッピングセンター内に、県内28店舗目として「A・コープファーマーズおおまち店」を開店した。...

続きを見る

思いをメッセージにのせて

JA大北観光課は同課で行っている誘客事業のひとつとして東京都武蔵野市が実施している「セカンドスクール」の受け入れを毎年行っていたが、現在、猛威を振るっている新型...

続きを見る

直売所等出荷者増加に向けて 大北園芸セミナー2回目講座開催

JA大北は5月29日、大北園芸セミナーの2回目講座を大町市常盤のJA農産物直売所「ええっこの里」に隣接するモデルほ場で開いた。新型コロナウイルス感染拡大防止の観...

続きを見る

新組合長に武井宏文氏 事業施設再編に向けて第一歩

当JAは5月26日、大町市のJA大北本所会館アプロードにて第55回通常総代会を開催した。今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、各総代に書面議決の行使を呼び...

続きを見る

アスパラガス収穫最盛迎える 昨年を上回る収量見込む

JA大北では、4月下旬より同JAの園芸振興重点品目でもあるアスパラガスの収穫、出荷が始まり、現在、春時期の収穫最盛期を迎えている。 アスパラガスはJAの園芸振興...

続きを見る

食農教育に役立て 食農教育用資材を寄贈

JA大北はJAバンク・アグリエコサポート基金が発行する食農教育資材「農業とわたしたちのくらし」を大町市や池田町、松川村、白馬村、小谷村の大北管内12の小学校へ寄...

続きを見る

田植え作業始まる 適期での田植え呼びかけ

大北地域南部に位置する松川村では、4月28日から田植え作業が始まり、酒米などを中心に作業が本格化している。 28日から田植え作業を始めている同村の株式会社まるや...

続きを見る