JA大北について

JA大北の概要

基本姿勢

  • 食と農で地域に笑顔をつくります。

主要施策

農業生産基盤の強化による産地の維持

  • 農業所得の増大と満足度向上へ向けた取り組みをすすめます。
  • 営農指導体制の強化・再構築を図ります。
  • 地域・技術・農業をつなぐ仕組みづくりに取り組みます。
  • 営農支援・相談体制の更なる強化を図ります。

組合員とのJAのつながり強化

  • 組合員の声や対応内容の明瞭化に取り組みます。
  • 組合員のライフステージやニーズに応じた対応を強化します。
  • 准組合員の位置づけの明確化と対応強化に取り組みます。
  • 組合員・消費者・地域を結ぶJAの仲介機能の発揮に努めます。
  • 地域を支えるJAの取組みをすすめます。

総合事業を支えるJA経営基盤の確立

  • JA・県域組織が一体化した事業方式や管理体制の検討・実行に取り組みます。
  • 事業効率化による収支改善を実現します。
  • 財務基盤の確保を図ります。
  • 有効に機能する内部統制の運用を図ります。
  • コンプライアンスの徹底・定着化に努めます。
  • 大規模自然災害に対する緊急対応の徹底と事業継続に対応する体制を構築します。

JA大北の概況

長野県の北西部に位置し、雄大な北アルプスの麓にある大北農業協同組合(JA大北)は、昭和41年3月、大町市内と北安曇郡内の13農業協同組合が合併し誕生しました。 昭和48年には大町りんご農協と、平成元年には大町農協、大町市平農協と合併し、現在は大町市・池田町・松川村・白馬村・小谷村(1市1町3村)で南北120km、東西30kmの細長い地域をエリアとする広域JAとなっています。 平成28年3月に創立50周年を迎えました。食と農をおこし、一人ひとりの笑顔が生まれる地域をみんなで実現するための取り組みを強化し、地域に愛され、信頼され、やくにたつJAをめざしています。

組合員数 12,542人(正組合員7,815人、准組合員4,727人)
出資金 31億8,301万円
役員 20人(常勤理事4人・非常勤理事11人・常勤監事1人・非常勤監事4人)
職員 408人〈一般職員377人、営農指導員27人、生活指導員4人〉
主な施設 本所・支所15箇所、営農相談施設6箇所、経済施設11箇所、JA全農長野出資株式会社運営A・コープ店1箇所・給油所3箇所 全農協同経営給油所3箇所 葬祭施設2箇所
主な事業取扱実績 農産物販売高 40億2,201万円 (農産28億6,813万円 畜産4億9,343万円 園芸・特産4億6,299万円)
購買取扱高 55億3,984万円 (生産購買17億3,891万円 生活購買3億5,820万円 工機購買34億4,272万円)
貯金残高 1,231億6,630万円
貸出金残高 266億5,816万円
長期共済保有高 3,974億3,877万円
観光取扱高 9,891万円
子会社 (株)大北地域開発(会館管理・損害保険・賃貸業務・リース業務)
(有)大北アグリサポート(水稲育苗業務・精米業務・生産販売業務・農作業受託業務)

※2019年2月末現在